お酒に関する豆知識

しんどい…お酒を飲んだ後に下痢が続く

お酒を飲んだ後に続く下痢に悩まされていませんか?今回はアルコールと下痢の関係性について紹介します。

お酒を飲むと下痢が続く?アルコールと下痢の因果関係

お酒は美味しいもので、出来るならば毎日飲んでしまいたくなりますよね。確かに適量を飲む分なら、お酒は体に良いと言われています。
しかし、お酒には同時に体に悪影響を与える場合もあります。

皆さんは、お酒を飲んだ後に下痢になってしまったことはありませんか?実は、お酒には下痢を引き起こしてしまう可能性があるのです。

お酒を飲むと下痢になってしまう原因

お酒を飲むと下痢になってしまうのには理由があります。
まず食べ物というのは、口から食道を通って胃に入り、消化されて小腸で栄養を吸収し、大腸へと運ばれていきます。
お酒も食べ物と同様に口から食道を通って胃に入ります。お酒は胃でも吸収されますが、小腸で約80%吸収されます。
少量のお酒ならさほど問題ないのですが、多量のお酒を飲んでしまうと、小腸の活動が活発になり、お酒をより吸収しようとします。
そうなると小腸の粘膜にある酸素が弱まってしまい、栄養素が吸収されにくくなってしまうのです。

十分に栄養素が吸収されなくなってしまうと、吸収しきっていないものが大腸に運ばれます。大腸はその物体をなるべく早く体外に排出しようと活動するので、通常よりも排出されるのが早くなります。
その結果、下痢となって出てきてしまうのです。
つまり、お酒を飲みすぎてしまうと、小腸の働きが弱くなって下痢になりやすくなる、ということなんですね。

お酒を飲んだ時の下痢を防ぐ方法

お酒による下痢を防ぐ方法をいくつか紹介します!

お酒を控える

一番シンプルな方法は、お酒を控えることです。
飲まないようにするのが一番いいですが、どうしても飲みたい場合は少量にしましょう。人によっては缶チューハイ一つでも量が多い場合がありますので、自分のお酒の適量がどれくらいなのかをしっかりと把握しておくことが大切です!

糖質・脂質の多い食べ物を控える

次にお酒と一緒に食べるおつまみにも原因があるかもしれません。
おつまみで糖質や脂質が多いものを食べていませんか?糖質・脂質の多い食べ物は消化や吸収を低下させてしまうことがあるので、多く食べることで下痢になりやすくなってしまいます。
確かに糖質・脂質の高いものはお酒のおつまみに合うものが多いです。ですがその組み合わせは体にとっては毒ともいえるものなので、なるべく食べないように控えましょう!

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!