お酒に関する豆知識

二日酔いで苦しまないためには対策が必須!!

お酒を飲み過ぎた翌日に起こる二日酔いは、何度経験しても辛いものですよね。
私も何度も二日酔いになったことがありますが、体がだるく、頭も痛くて翌日のパフォーマンスに影響が出てしまうほどです。
そんな二日酔いに苦しまないようにするにはどうすればいいのか、その方法を知りたくありませんか?今回は二日酔い対策について紹介します!

二日酔い対策の伝授する前に…そもそもなぜ二日酔いは起きるの?

二日酔いの対策を紹介する前に、そもそもなぜ二日酔いが起きてしまうのでしょうか。
結論からいうと、実は二日酔いの原因ははっきりとはしていません。正確なことは何もわかっていないのです。現在有力となっている説を、今回は紹介したいと思います。

皆さんは学校で、アルコール脱水素酵素やアセトアルデヒドという名前を聞いたことがあると思います。アルコールはアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。このアセトアルデヒドはアセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸に分解され、最終的には体外へと排出されます。
お酒を適量に飲む分なら、このような体外へ排出されるので特に問題はないのですが、多量に飲むことでアセトアルデヒドが体内にとどまるようになります。アセトアルデヒドには毒性があり、これによって二日酔いが引き起こされていると言われているのです。

おすすめ!お手軽!!二日酔い対策!!!【飲酒前】

飲酒前に行う二日酔い対策には、あらかじめ食べ物を食べておくというのがあります。
空腹時にアルコールを摂取すると、通常よりもアルコールの吸収が促進されてしまいます。そうなると酔いやすくなってしまうため、それを防ぐために事前に食べておくのです。
(もちろん飲み会などでは食べることが多いので、事前に食べる量は少なめで大丈夫です!)

おすすめの食べ物は脂肪分が多いもの。脂肪分が多いものは消化に時間がかかるので、二日酔いの対策には最適なのです。チーズなどの乳製品は脂肪分も多く胃の粘膜を保護する働きもあるので、なおおすすめですよ!

おすすめ!お手軽!!二日酔い対策!!!【飲酒中】

飲酒中に行える対策を紹介します!

飲酒中にタバコを吸いすぎないようにする

まずはタバコを吸いすぎないようにすることです。
タバコを吸わない人は問題ありませんが、飲酒中は何かとタバコが吸いたくなります。タバコに含まれているニコチンやタールには、ビタミンCを多く消費させてしまう働きがあります。このビタミンCにはアセトアルデヒドを分解する力があるので、ビタミンCが不足してしまうと、十分にアセトアルデヒドを分解できなくなってしまうのです。

水を飲む

二日酔いの朝には、水を多く飲んだ方がいいと聞いたことはありませんか?水にはアルコールを影響を低減させる効果があります。
さらに二日酔いの時にはなりやすい脱水症状を防ぐ目的もあります。お酒を飲んだ後は何かとトイレが近くなりますが、水分を体外に排出し過ぎると脱水症状になってしまうので、お酒を飲んでいる間は水を飲むようにしましょう!

タンパク質を多く摂取する

タンパク質にはアセトアルデヒドを分解する働きがあります。
アセトアルデヒドは二日酔いを引き起こす原因といわれているので、タンパク質を多く摂取してアセトアルデヒドを分解しましょう!

おすすめ!お手軽!!二日酔い対策!!!【飲酒後】

飲酒後に行える二日酔い対策を紹介します!

寝る前に水を飲む

まずは寝る前に水を飲むようにしましょう。
これは前述した飲酒中に水を飲むのと同じ理由です。脱水症状を防ぐために、寝る前には水を飲んでおきましょう。

熱いシャワーを浴びる

次に熱いシャワーを浴びます。
熱いシャワーを浴びることによって、腎臓の働きが活発化し、アセトアルデヒドの分解が促進されます。二日酔いを防ぐためにも、お酒を多く飲んだ日の夜はシャワーを浴びるように心がけてください!
お風呂に浸かるのはあまりおすすめできません。脱水症状を引き起こしてしまう恐れがあるからです。お風呂に入るのが好きな人は、お酒を多く飲んだ日はなるべく長時間浸からないようにしましょう。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!