お酒に関する豆知識

【知らなかった!!】お酒の太りにくい飲み方

お酒には太りにくい飲み方があるんです!

飲み会続きので太るのが心配なそこのあなた!
太りにくいお酒の飲み方、知りたくないですか?

ごく少量のお酒を飲む事はアルコールによる血行改善効果があって良いなんて意見も聞きますが、ついつい飲みすぎてしまうもの。
そしてお酒の飲みすぎは肥満の元とよく言われています。しかも飲み過ぎは肥満だけでなく関節痛や肝臓病など様々な病気の原因ともなってしまいますので、気を付けたいところですよね。

お酒を上手に飲むことができれば、病気のリスクを減らすことも可能です!
今回は、そんなお酒の上手な飲み方を紹介します。

太りにくい飲み方① ビールは乾杯の一杯だけにする

ビールといえば、飲み会では定番と言ってもいいくらいのお酒ですよね!皆さんも飲み会に行ったときは、とりあえずビールを注文すると思います。

このビールですが、実はなるべく飲まない方がいいのです。その理由はビールには糖質が多く含まれているからです。
糖質といえば、太る原因として主に挙げられており、最近では糖質0のお酒も多く販売されているくらい、酒業界は糖質に気を遣っています。
糖質を摂りすぎると、血糖値が上昇しその際にインスリンが分泌されるようになります。インスリンが糖分をエネルギーに変えてくれるのですが、余った糖分を脂肪へと変換させてしまうため、体重が増加するのです。

飲み会でビールを断るのは雰囲気などもあってやりづらいと思うので、せめて一杯だけ飲むくらいでとどめておきましょう!

太りにくい飲み方② 脂質の多いあげものなどのおつまみを食べ過ぎない!

糖質と同じく、脂質も太りやすい成分です。適量ならばともかく、多量に摂ると肥満の原因となりますので、食べすぎないようにしましょう!
こういった高カロリーの食べ物を控えていくことで、少しでも太らないようにすることができます。

飲み会で良く食べる脂質の多いものと言えば、揚げ物です。揚げ物は居酒屋などでは定番のメニューですね。フライドポテトや串カツなど、名前を聞くだけでお腹が空いてしまうほど魅力的な食べ物です。食べたくなる気持ちはわかりますが、食べ過ぎないように気を付けてくださいね。

太りにくい飲み方③ 事前に乳製品を摂取しておく

牛乳やチーズなどの乳製品には脂肪分が多く含まれています。この脂肪分は、胃の粘膜を保護する働きがあるのです。
お酒に含まれるアルコールには、胃の粘膜を破壊してしまう働きがあります。少量ならさほど問題はないのですが、多量に飲むことで胃が荒れてしまうのです。
お酒を飲んだ後に胃がよくあれる人は、お酒を飲む前に乳製品を摂取しておきましょう!
また、同時にアルコールの吸収を抑え、さらに空腹感を抑えるといった働きもあります。アルコールの吸収が抑えられると酔いにくくなりますし、空腹感が抑えられるとおつまみを食べすぎなくなり、太りにくくなりますよ。

太りにくい飲み方④ はしご酒やしめは我慢する!

はしご酒は二軒以上のお店でお酒を飲む行為のことですが、当然飲む量が増えてしまいますよね。

至極当然ですが、しめは太る原因になります。特にしめで食べられるのがラーメンです。ラーメンは炭水化物でかつ脂肪分や塩分も多めとなっており、太る条件が勢ぞろいです!はしご酒やしめは一気に太ってしまう原因となりますので、我慢しましょう。

どうしてもしめが食べたい場合は、お茶漬けやうどんなどの消化に良い食べ物がおすすめです。

チャンポンはやめる&蒸留酒が太りづらい理由

最後になりますが、チャンポン(複数の種類のお酒を飲みこと)は極力しないように心がけましょう。
チャンポンするとお酒が回りやすい、悪酔いしやすい、なんて巷でよく言いますよね。

実はビールなどの「醸造酒」には沢山の種類の成分が含まれているため、消化が大変で解毒する肝臓に大きな負担がかかってしまうのです。
そして臓器が弱ってしまうと、肥満はもちろん様々な疾病リスクが高まってしまいます。

逆に、焼酎やウォッカなどの「蒸留酒」は、醸造酒を蒸留する過程で不純物が取り除かれているため、ビールに比べて
分解しやすい構造になっていると言われています。
更に蒸留の際に糖分などの雑多な成分も取り除かれているため、これが蒸留酒が太りずらいと言われる理由なんですね。

ですので太りたくない&健康に気を使いたいという方は、くれぐれもチャンポンをせず、なるべく一種類の蒸留酒を適量飲む程度に留めておくといいでしょう。
ただし蒸留酒は全般的に度数が高いお酒が多いですので、いつもより量を控えめにして飲みすぎないように注意ですよ♪

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!