お酒に関する豆知識

体からの危険信号!飲酒後の筋肉痛には原因があった!!

皆さんはこれまでにお酒を飲んだ後に筋肉痛になったことはありませんか?もしかしたらそれは急性アルコール筋症の可能性があります。
言葉を聞いてもどんな症状なのか、知らない人も多いはず。
今回は、急性アルコール筋症について説明していきます。

酒を飲んだ後に筋肉痛…ひょっとして「急性アルコール筋症」

急性アルコール筋症とは、アルコールによって筋繊維が破壊されてしまう症状のことです。
通常の筋肉痛と同じような痛みが出るため、ただの筋肉痛と思われがちですが、痛みは同じようでも、体で起こっている変化はまるで違います。

筋トレや運動などによる筋肉痛は、筋繊維が傷ついてしまいますが、その後傷つかないようにと回復し始めます。
これを「超回復」と呼び、超回復が起こることで筋肉が隆起して筋肉質な体になっていくのです。

それに対して急性アルコール筋症はアルコールによって筋繊維が破壊されていきます。しかし筋肉痛とは違ってアルコールによって破壊された筋繊維は回復しません。そのまま破壊された状態なのです。
この破壊された状態の筋繊維が増えていくと、筋力が低下してしまうため、痩せ細った体になります。痩せた体になっても筋力が低下しているため、太りやすく痩せにくい体になってしまうのです…!

この症状が起こる原因は、アルコールの過度な摂取であると言われています。一度に多量のアルコールを飲んでしまうと、急性アルコール中毒になるだけではなく、急性アルコール筋症にもなってしまう危険性があるので、皆さんも飲みすぎには注意してくださいね。

「急性アルコール筋症」の症状

急性アルコール筋症の症状は、筋繊維が破壊されることによる筋力低下です。
アルコールによってタンパク質の合成が妨害されてしまうため、筋肉が発達できなくなってしまいます。

「急性アルコール筋症」の対処法

急性アルコール筋症の対処法としては、まずお酒を飲むのを控えることです。当然一度に多量のお酒を飲むことは控えましょう。それだけではなく、毎日お酒を飲んでいる人も注意が必要です。
毎日お酒を飲んでいる人は、急性アルコール筋症ではなく慢性アルコール筋症になってしまう可能性があります。これは筋力低下が慢性的に起こる症状で、徐々に筋力が低下していってしまうのです。それを防ぐためにも、毎日お酒を飲むのは控えた方がいいんですね。

その他の対処法としては、タンパク質を摂取することです。急性アルコール筋症はタンパク質の合成が妨害されてしまうので、良質なタンパク質を摂取して予防しましょう。特にプロテインなどがおすすめです!

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!