酒の買取手段

買取数が多い人におすすめ!【酒の出張買取のメリット】

買い取ってもらうお酒の量が多い人には、出張買取がおすすめです!今回は出張買取のメリットやデメリットについて紹介していきます。

お店に行かずにお酒を対面査定で売れるのが出張買取の最大のメリット

出張買取の最大のメリットは、お店に行かずにお酒を買い取ってもらえるという点です。こちらは宅配買取と似たような利点になっています。
お酒を買い取ってもらいたいけど、店頭まで行くのは面倒だという人が多いことでしょう。そういうときに店頭買取を行うことで、その面倒を省くことができるのです!

梱包の手間が一切かからないのも出張買取のメリットの一つ

宅配買取との大きな違いが、出張買取は梱包の手間がない、という点です。
宅配買取の場合は、お酒を業者に送る必要があるので、お酒を梱包する必要がありました。しかし出張買取は自宅に業者が来て買取を行うというものなので、お酒を梱包する必要がありません!
宅配買取の場合は梱包の手間がありますし、梱包して発送し終えた後でも、事故などでお酒がダメになってしまうという危険性もありますが、出張買取ならば自分の不慮以外でお酒がダメになることはありません。商品の安全が確保されているのもメリットといえるでしょう。

買い取ってもらうお酒の数が多い場合も出張買取はとても便利です。宅配買取の場合でも、数が多くても買取が楽だというメリットがありますが、そのお酒の数分の梱包をしなければならないという手間がありますよね。数が多いとそれだけ梱包作業にも時間がかかってしまうので、それを0にできる出張買取は手間がかからない非常に楽な買取といえます。

出張買取でお酒を売る流れ

出張買取でお酒を売る流れを簡単に説明します。

買い取ってもらうお酒を用意する

これは宅配買取と同様、保存状態には気を遣いましょう!
お酒の質が悪いと買い取ってもらえない可能性があるためです。

ホームページや電話などで業者に連絡する

申込時には、買取に来てもらう日と時間を伝えます。自分の希望する日や時間があれば、それを伝えましょう。
ですが、必ずその希望が通るわけではありません。
業者が他のお客さんのところに出張買取に行く日と時間である可能性があるからです。

査定

査定が終わったら、買い取り金額が提示されるので、同意できれば買取成立、同意できなければ買取不成立ということになります。
買取が不成立となった場合でも、業者によっては費用がかからないところがありますので、そちらを選んだ方が良いですね!

買取が成立したら、金額の支払いになります。そのまま直接支払ってくれる業者もあれば、後日振込という形になることもあります。こちらも業者によって違うので、あらかじめ確認しておきましょう!

出張買取は買取当日に家にいなければいけないというデメリットがある!

出張買取のデメリットとしては、買取の当日に家にいなければならない、という点があります。
出張買取は業者が自宅まで買取に来てくれるというものなので、当然買い取ってもらいたい人がその場にいる必要があります。よってその日の買取時間前後は家にいなければなりません。
もしその日に予定が合ったりすると、トラブル等で遅れなどが出てしまった場合に困ることになるため、念のため買取をしてもらう日は予定を丸々空けておいた方が良いでしょう。
まとめると、出張買取は買取に手間がない便利な買取方法ですが、買取当日には家にいなければならないデメリットもある、ということになります。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!