酒の買取手段

メリットが少ない??【酒の店頭買取のメリット】

これまでに二つの買取方法を紹介してきましたが、今回は店頭買取について紹介します!

店頭買取はお酒をすぐに現金化できるのが最大のメリット

店頭買取のメリットは、なんといっても「買い取ってもらったお酒をすぐに現金化してもらえる」ということではないでしょうか。その場でお金をもらうことができるので、今すぐにお金がほしいという場合におすすめの買取方法です!
急にお金が足りなくなってしまった、というのは皆さんも一度は経験したことがあるかもしれません。そういったときに買取に出せるようなお酒がれば、店頭買取に行って買い取ってもらうことで、臨時収入を得ることもできるのです。

店頭買取でお酒を売る流れ

店頭買取の流れについて簡単に説明します!

買い取ってもらうお酒を用意する

こちらも他の買取方法と同じように保存を適切に行っておきましょう。
後は身分証明書や印鑑も必要となる場合がありますので、こちらも用意しておいてください。

店舗までお酒を持っていく

査定してもらいたいお酒を店頭にだし、査定をしてもらいます。査定時間はお酒の数にもよりますが、大体15分くらいで終わることが多いです
査定が終わると査定金額が提示されますので、その金額に同意するならそのまま買取が行われます。同意できない場合はお酒を返却することももちろん可能です。

金額に同意すると買取が成立となり、お金が支払われます。店頭でそのまま現金を受け取る形になりますので、今すぐにお金を手に入れることが出来るのです。
また、もし買取が不成立になったとしても、手数料・キャンセル料がかからないところがほとんどのため、無駄に出費がかさむということはありません。

本数が多い場合は持ち込む手間がかかるので他の買取手段のほうがおすすめ

店頭買取のデメリットは、本数が多い場合に持ち込む手間がかかってしまうという点です。
お酒を店頭まで自分で運ぶ必要があるので、数が多いとかなり大変ですよね。車で持ち運ぶのが通常だと思いますが、数多くのお酒を車に詰め込むのは少し不安もあります。また、それらすべてを買い取ってもらえるのならばまだいいかもしれませんが、もし買い取ってもらえなかった場合は、そのお酒たちを再度家まで運ばなくてはなりません。

また、交通費がかかってしまうのもデメリットです。車で運ぶならガソリン代が、その他の方法でも交通費がかかります。ガソリン代も決して安くはありませんので、買い取ってもらえても結局交通費を差し引きすれば大した金額にはならなかった……なんてこともあります。

こういったデメリットがあるため、本数が多い場合は店頭買取はあまりおすすめではありません!運ぶ手間がかからない出張買取か、宅配買取を選ぶほうが賢明です。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!