お酒に関する豆知識

最近は見かけない?酒の自販機の今

皆さんは、街中でお酒の自動販売機を見たことがありますか?
都会の方だとあまり見かけないかもしれませんが、今でもお酒の自動販売機が残っているところはあります。
昔は自動販売機でもお酒が販売されていましたが、なぜ今は販売されなくなったのでしょうか?今回はお酒の自動販売機について解説していきます!

衝撃!?酒が自販機で買えるのは日本だけ!!

実は、お酒が自動販売機で買えるのは日本だけなのです!その日本でも、今はお酒の自動販売機が衰退しつつあります。
海外のほうがお酒の自動販売機があるイメージがあったかもしれませんが、意外と販売されていないというから驚きですよね…!
海外でお酒の自動販売機がない理由には様々なものがありますが、一番は破壊されてしまうことです。海外では自動販売機が破壊されてしまうというケースが結構あります。お酒ともなれば通常の自動販売機以上に壊されやすくなるでしょう。だから販売していないのでは、という考えが広まっています。
余談ではありますが、お酒だけではなく、なんとタバコの自動販売機も海外では置いていないようです。こちらも同じような理由で置いていないのかもしれませんね。


引用:https://marorin088.exblog.jp/20138571/

減りつつあるお酒が買える自販機

現代ではお酒が購入できる自動販売機は減りつつあります。その理由は、やはり子供への影響が一番ではないでしょうか。

自動販売機は誰でも簡単に商品が購入できます。ジュースの自動販売機が最もメジャーとなっていますが、食べ物やタバコの自動販売機も、日本では設置されていますね。
この誰でも購入できるという手軽さは日常生活を便利にしますが、同時に問題も起きてきます。それは未成年さえも簡単に購入できてしまうという点です。
小さい子供ならともかく、中学生や高校生ともなると自分で自分のやっていることの判断はつきます。にもかかわらず、未成年飲酒が絶えることはありません。
現在では8割以上のお酒の自販機は免許証がないとお酒を購入できないようになっていますが、残りの2割ほどの自販機は現在でも免許証がなくてもお酒が購入可能です。(主に地方などに多いらしいです。)

タバコの自動販売機のように、タスポなどを作ってそれがなければ販売できないようにすれば問題は解決できるかもしれません。しかしそれはまたすべての自動販売機に導入しなければならないというコスト的な問題も出てくるので、そう簡単に実行できないのです。
以上の理由から、お酒の自動販売機が衰退していくのは、ある意味では当然の流れなのかもしれません。

海外の人たちの反応

最後に海外の人の声を見てみましょう!

Felecity Rex

こんなのイギリスでやってたら、、、。

↑tSp289

前にも言ったことがあるんだけど、日本は飲みに行くには最高の場所だよ。1時間AU$16(大体1,500円くらい)で飲めるんだ。
で、信じて欲しいのが、1時間で払った値段以上ものお酒を飲めるんだ。オーストラリアのパブでは、1杯でAU$12(1,000円程度)するだろ、、、。

Rob Soergel

これは最高に日本っぽくて、クールだわ。

Candycane

アメリカにこの自販機必要だわ。これは良いよ。

Metalman200xdamnit

これはアメリカでは成り立たないだろうな。自販機は酔っ払いに壊されてゴミになるし、店も破壊されてしまうよ。

引用:wanderlustwire.com/2017/06/06/【海外の反応】外人「日本には酒が飲める自販機/

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!