ワインボトルとコルクはDIY

今年の夏はDIY!ワインボトルを使ったおしゃれな小物特集

夏といえば、DIYの季節です!
皆さんの家にある、飲み終わった後のワインボトルは、そのまま捨ててしまうよりもDIYして実用性のあるものに作り替えた方が断然お得です!
今回は、ワインボトルのDIYについて紹介していきます!

ワインボトルは売る以外にも使い道がある!!【おしゃれなDIY再利用法とは?】

ワインボトルは、売る以外にも使い道があります。工夫することによってワインボトルは様々なものに変化していきます。
ワインボトルがどういったものに変化するのか、いくつかDIYの例を紹介するので、参考にしてみてくださいね。

ワインボトルDIY① シンプルだけどおしゃれ!「ワインボトルの花瓶」

一つ目はワインボトルの花瓶です。
活けられた花は陶器などを花瓶として使っていますが、ワインボトルを花瓶として使うと、また風流があっていいものです。
ワインボトルの造形も陶器に負けないくらい美しいものとなっているので、ぜひ花瓶として使ってみてはいかがでしょうか。
花瓶として使う方法は簡単です。特に何も触らず、そのままお花を活けてあげれば完成です。ちょっとした工夫をするならば、ワインボトルにペイントすると、また違った雰囲気になります。


引用:https://minne.com/items/8117952

ワインボトルDIY② すぐに作れておしゃれ!「ワインボトルのソープディスペンサー」

二つ目はワインボトルのソープディスペンサーです。
最近では、雑貨店や家具店に行くと様々な種類のソープディスペンサーを見かけるかと思います。
お店にあるソープディスペンサーも素晴らしいですが、これをワインボトルで作ると、味がある物になるんですよ。
ただし、割れてしまうと大惨事になるので要注意です!!

ワインのボトルはその構造上ソープディスペンサーにも向いていますし、透明なボトルにソープを入れれば、透き通ったソープを目で楽しむこともできます。さらにペイントすることで、可愛らしいデザインや、美しいデザインにすることも可能です。


引用(画像左):https://macaro-ni.jp/16227
引用(画像右):https://www.pinterest.jp/pin/371265563015529400/?lp=true

ワインボトルDIY③ 飼えるものは限られるけど…「ワインボトルで生き物を育てる」

ワインボトルは工作するのもいいですが、そこで生き物を飼うという方法もあります!(当然、ワインボトルに住めるのは小さい生き物のみですよ)

ワインボトルで飼える生き物

ワインボトルで飼える生き物にはどういったものがあるのか、一例を紹介しますね。

まずは苔です。苔というと、ちょっと気持ち悪いと思っている人もいるかもしれません。
しかしボトルなどに入れてみると、まるで小さな森のように見えておしゃれなんですよ。
苔が表現する自然の美しさを、ワインボトルが見せてくれるので、ぜひとも一度見てもらいたいですね。

マリモ

マリモは名前の通り、毬の形をした藻のこと。マリモの丸い形が可愛いという人も多く、意外と人気が高いのです!
このマリモも、ワインボトルで飼うことができます。
透明なボトルに入れてみると、マリモの姿をしっかりと見ることができるので、観察する楽しさがあります。マリモの成長を見るのが日課となっている人もいるほどです。
マリモは水と適度な日光があれば餌を必要としないので、誰でも簡単に飼うことができます。生き物を飼ってみたいと思っている人は、まずはマリモから始めてみてはいかがでしょうか?


引用:https://matome.naver.jp/odai/2137197270040348001/2137197517740961103

ワインボトルDIY④ DIYが得意な人はこれ!「ワインボトルの電球」

DIYが得意な方にご紹介したいのが、ワインボトルの電球です!
ワインボトルのガラスと電球の光が、照明とは違った雰囲気の空間を作り出してくれます。日常生活の証明として使うのは少し不便かもしれませんが、ムードを作るのに大いに役立ってくれますよ。


引用:https://www.creema.jp/item/2528032/detail

ワインボトルの切断法

ワインボトルの電球を作るには、ワインボトルを切断する必要があります。切断されたワインボトルを電球に被せれば完成となります。
このワインボトルの切断法には、主に二種類あります。

【お手軽!】はんだごてを使う

一つ目ははんだごてを使う方法です。普段からDIYをしない方はあまり持っていないアイテムかもしれませんが、自宅にはんだごてがある場合は、ぜひとも使ってみてください。

ワインボトルの周囲に平行な傷をつけて、はんだごてを傷の部分に1分ほどあてるとワインボトルを切断することができます。
はんだごてでワインボトルを切断する時は、くれぐれも怪我をしないように気を付けましょう。DIYは簡単とはいえ、怪我をする可能性もあるので、あまり油断してやらないよう注意してくださいね。


引用:https://www.mikinote.com/entry/wine-cut#ハンダゴテで熱を加える

ガラス用ののこぎりやハンドルーターを使う

もう一つの方法としては、ガラス用ののこぎりやハンドルーターを使うといったものがあります。
工作するのが好きな人なら、こういったものもあるかもしれませんが、一般家庭にガラス用のこぎりやハンドルーターは持っていませんよね。用意できるのであれば、これらを使った方法もあるということを紹介しておきます。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!