酒の買取ポイント

ワインの買取ポイント【まとめ】

ワインは世界的にも広く流通されているお酒です。日本でも一時期はワインブームなどがあり、多くの人々がワインに触れ合う時代がありました。現在では、ワインを愛してやまないという日本人も増えてきています。
今回はワインの買取ポイントについてまとめてみました!

ワインの買取ポイント① ワインは湿度の変化に弱いので一定の湿度で保存する

ワインは湿度の変化に弱いため、湿度は一定に保って保存しましょう!日本には梅雨のような湿度が高くなる時期がありますし、湿度が常に一定というわけではありませんよね。
そのため一年を通して同じ場所に保存しておくと、ワインが劣化してしまったり、痛んでしまう恐れがあるのです。
どんなに高級なワインでも、湿度に対する耐性は変わりません。美酒は劣化することによって味の変化が激しいもの。湿度の高い環境に少しでも置いてしまうと、ワインの劣化も早まってしまいます。
逆に低すぎると、今度は酸素や微生物などがワインに侵入しやすくなり、酸素などが入り込むと当然ワインも劣化します。
つまり、「ワインを保存する際の湿度は、高すぎても低すぎてもいけない」ということなのです。
では具体的にどれくらいの湿度がいいのかというと、だいたい60%から70%ほど。湿度がこれくらいの値で、かつ直射日光が当たらない場所に保存しておきましょう。

買取ポイント② 高額買取を狙うなら、化粧箱も捨てずにとっておく

化粧箱とは、ワインを入れておく箱のことです。この化粧箱の有無によって、ワインの買取額にも変化が出てきます!
たとえばパソコンを買い取ってもらうときに、パソコン本体はあってもマウスやキーボードがなかったりすると、買取金額が下がってしまいますよね。
それと同じで、付属品である化粧箱がないことで、ワインの買取価格も下がってしまうのです。
箱は不要だからといってすぐに処分してしまうこともあると思いますが、ワインの化粧箱は買取価格にも影響してきますので、大事にとっておきましょう!

高額買取が期待できるワイン【まとめ】

高額買取が期待できるワインをまとめましたので、参考にしてみて下さい!

オーパスワン

オーパスワンはボルドー・ブレンドワインの一種です。赤ワインと白ワインのブレンドのことを指しています。
他のワインと比べると非常に高価となっており、発売された当初は50$(現在の価格だと12,000円ほど)という金額でした。
その金額に恥じない味とブランド力を持っており、今でも人気一級品として知られています。


引用:https://www.enoteca.co.jp/item/detail/056550121

買取価格

オーパスワンの買取価格の目安は、20,000円ほどとなっています。年代が古ければもう少し高くなり、新しければもう少し安くなると思ってください。

シャトーディケム

極甘口の白ワインである貴腐ワインの一級品としても知られており、ワイン愛好家ならその名を知らないものはいないと言われる1本です。
100年経っても失われることのない輝きを持ち、その美しさと至高の味は、他のワインとは格が違うと言ってもいいほど。それほどに、素晴らしいワインなのです。


引用:https://www.aeondewine.com/shop/goods/goods.aspx?goods=A106-0009411424283

買取価格

シャトーディケムの買取価格の目安は、25,000円です。シャトーディケムはブドウの質が悪いときは製造されていないため、販売されていない年もあります。

パヴィヨン・ルージュ

パヴィヨン・ルージュは、パヴィヨン・ルージュ・ドゥ・ シャトー・マルゴーとも呼ばれています。シャトー・マルゴーといえば、ワインの女王とも呼ばれている存在です。
パヴィヨン・ルージュは、シャトー・マルゴーのセカンドラベルとして販売されているワインです。シャトー・マルゴーには及ばずとも、それなりの味を持っているので、買取価格も高めとなっています。

買取価格

パヴィヨン・ルージュの買取価格のは、大体10,000円くらいが相場です。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!